AV女優撮影会のデメリット


AV女優撮影会も、基本的にはモデルも参加者のカメラマンも同意の上で行なうことなので、特にトラブルになることもなく、デメリットといえるデメリットはあえて挙げるほどはありません。

ただし、AV女優以外のヌード撮影会と同様、AV女優撮影会であっても、撮影した写真の公表は禁止されています。
特にAV女優撮影会の場合は、著作権はすべてプロダクションが持っていますから、それを公表したとあれば、法的な手段に訴え出られてもやむを得ないということがあります。
そうなったら、素人のアマチュアカメラマンでは太刀打ちできないので、くれぐれも写真の取り扱いには気を付けなければなりません。

また、個人AV女優撮影会では、女優さんに触れることは厳禁です。
どのような感情が湧き上がってきたとしても、それはカメラマンのモラルとして、しっかり持っておかなければならないということを覚えておきましょう。
芸術作品としてAV女優撮影会を生かしたいなら、自分の腕を上げることだけに専念するべきといえるでしょう。

Comments are closed.